• language
  • Japanease
  • English

会社沿革

エイム電子は、コンピューターネットワーク業界に向けたデータ通信用のケーブルメーカーとして1983年(昭和53年)10月、相模原にて創業しました。デジタル通信規格が乱立するコンピューターネットワーク黎明期に、通信規格以上の特性と能力を持つケーブルを数多く製造・販売してきました。

ユニバーサルスタジオジャパンにおける(アトラクション間)通信ケーブルを初め関西空港ネットワークシステム、全国のNTT局社内ケーブルなど、幅広い通信インフラでの採用実績を重ねるとともに、最先端のデジタル伝送技術に対応した製品を初めユーザーニーズに応えたカスタマイズ製品を作り上げることで、新しいビジネスモデルと独自のポジションを確立してまいりました。

そして、オーディオビジュアル業界におけるデジタル信号伝送の本格化に伴い、2006年8月イコライザ付きの長尺HDMIケーブルを開発。信頼性、耐久性が求められるプロフェッショナル用としてリリースいたしました。この製品はCEATEC JAPANにおいて、大手家電メーカー各社に採用されたことでも、その実力を証明しています。

2007年4月、これまでの長尺HDMIケーブル開発で得たノウハウをもとに、フラット構造のHDMIケーブルの製品化に成功。0.7mから15mまでの豊富なラインナップを揃えるとともに、プロフェッショナル製品で培った信頼性と耐久性、さらには高画質、高音質を追求したハイクォリティなケーブルを発表することで、「AIM」ブランドのコンシューマ製品として記念すべき第一歩を印しています。

2009年4月、HDMIケーブルの最高峰を目指した「R」シリーズと、ハイブリッド素材で高性能を謳った「S」シリーズを同時展開。コンシューマ分野における画質・音質を徹底して追及したハイエンドケーブルをリリースしました。製品開発におけるこだわりの姿勢と技術力は、各メディア、雑誌、オーディオビジュアル評論家、ユーザーから高い評価をいただきました。

2010年9月、次世代オーディオとして注目を集めるハイレゾ信号を伝送するためのハイエンドオーディオ向けLANケーブルを発売。従来のLANケーブルとは一線を画すクォリティを実現するため、極限までノイズの低減を可能にした構造を採用することで、飛躍的な音質の向上を計りました。その設計思想と技術力が評価され各メディアのみならずネットワークプレーヤーを開発するメーカーのリファレンス用としても採用していただいています。

2012年12月、LANケーブルで高い好評を得た「SHIELDIO」の名前を冠するオーディオ用のUSBケーブルを発売し、PCオーディオのユーザーニーズに応えてまいりました。USBケーブルにおいてもLANケーブル同様、各雑誌、コンシューマ市場、プロオーディオ関係者からそのパフォーマンスを認めていただきました。翌2013年には、さらにこのケーブルの特性を改善すべく、ノイズの抑制効果に抜群の威力を発揮する新素材の「パルシャットMU」を採用したハイエンドケーブル「UA-1」を発売。オーディオビジュアル各誌から絶賛の声を浴びるとともにベストバイ1位に選出されるなど、オーディオケーブルのトップブランドとしての名声を確立しました。

同じく2012年12月、4k解像度の世界の幕開に合わせて、かねてより開発に着手していた長距離伝送が可能な世界初のハイブリッド型HDMI光ケーブル「LSシリーズ」を発売。光通信技術を応用した圧倒的な伝送特性の獲得によって、オーディオビジュアル誌を初めディーラー、ユーザーの多くの皆様からも高評価をいただきました。

2016年12月、本格的なネイティブ4k時代を迎えて、これまでの伝送性能の限界を突破する新技術を投入したHDMIレーザーケーブル「LS-2」を発売。18Gbps という高速伝送においても高いクォリティと信頼性を獲得し、圧倒的な安定性と高品位な映像美を実現し、数々のアワードを連続受賞する快挙を成し遂げています。

性能オリエンテッドという思想

長年プロフェッショナル用途に向けた品質の高い製品を提供することでお客様から揺るぎない信頼を得てきた私たちは、ケーブルにおける伝送理論と特性を熟知し、妥協のないクォリティを追求しながら、日々最先端のテクノロジーを融合した製品を開発し続けています。このエイムの哲学と設計思想、それは性能オリエンテッドな製品をお届けすることにより、ユーザーの皆様に私たちの想いを伝えていくことにほかなりません。

会社概要

商号 エイム電子株式会社
本社住所 〒252-0327 神奈川県相模原市南区磯部1353
電話番号 046-253-4902
資本金 ¥20,000,000
創業 1983年10月1日
代表 代表取締役会長 中山哲慈
代表取締役社長 中山栄志
従業員数 67
取引銀行 三菱UFJ銀行、商工中金、三井住友銀行、横浜銀行
物流センター 〒229-0016 神奈川県相模原市当麻1107-20

アクセス

  • 小田急線 相武台前駅、バス(4番乗場)「磯部行き」終点より徒歩5分
  • JR相模線 下溝駅より徒歩15分